読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BONSAI-LABO(盆栽ラボ)凜 係の者の日記

盆栽師の妻のブログ。店主が不在の際には係の者としてご案内させて頂きます。ブログに登場する盆栽は、ほぼほぼ店主が手がけたものです。

杜松の話(歴史編)

盆栽

やっと、らんま1/2の第二シーズン

半分までたどり着いた係の者です。

途中、作画崩壊がハンパなくストーリーが

全然入ってきません。

 

そんならんまを横目に、

杜松の写真を探していましたが

いかんせん、店主が杜松を取り扱わない為

前回と同じ樹で解説です。

 

杜松の葉はネズミくらいなら

殺れる戦闘力があるのです。ひぇ〜

bonsai-labo-rin.hatenablog.com

 

 

松柏盆栽の神(カミ)7の地位を

確率した杜松ですが、注目され始めたのは

戦後の第29回国風展で”紫雲”と銘された

盆栽がきっかけでした。

f:id:bonsailabo-rin:20170320114956j:plain

その後、盆栽の交換会で”神仙”が最高値で

落札されたことで、杜松の地位は不動の

ものとなったとか。

 

 

また、杜松は真柏と同じく神(ジン)を

楽しむことのできる樹種なので、

真柏の山出し素材が不足ぎみの時に

代わりになる樹として人気者となりました。

f:id:bonsailabo-rin:20170320110547j:plain

 

 

 

杜松はそのネズミ殺しの鋭く尖った葉形から、

直線的でシャープな作りが

より美しさを引き立たせます。

f:id:bonsailabo-rin:20170320110556j:plain

 

 

 

痛い痛いといいながら、比較的ソフトで

葉があまり大きくならず、小ぶりな

八房(やつふさ)性の杜松もございます。

f:id:bonsailabo-rin:20170320122513j:plain

 

 

いつか杜松のビフォーアフター

ネタにしたいな。