BONSAI-LABO(盆栽ラボ)凜 係の者の日記

盆栽師の妻のブログ。店主が不在の際には係の者としてご案内させて頂きます。ブログに登場する盆栽は、ほぼほぼ店主が手がけたものです。

豆知識

盆栽は室内で育てられるのか?

よく質問されます。 完全に部屋の中で育てた事がなかったので 草物で実験してみました。 室内の光は主にLEDライトで、 窓から離れた場所なので自然光が うっすら届くかな、くらいの明るさ。 では、どうなったか。。。 芽キャベツみたいだったマキギヌが こん…

【告知】盆栽組合と協会の謎【春雅展】

昨日は岡山へ仕入れ、 今朝は春雅展の搬入の為 休む間もなく店主が働いてます。 春雅展は明日から開催です この○○展っていったい…? と言う方はこちらをお読み下さい。 bonsai-labo-rin.hatenablog.com 当店は売店と、樹の成長過程について 写真の展示を担当…

良い盆栽の条件とは?

盆栽って唯一無二での素晴らしさもあり 好みも人それぞれですよね。 そう、まさに世界に一つだけの花 ってやつです。 やっぱりマッキーはええこと言うな。 じゃあ、所謂”良い盆栽”ってなんなの? 同じ様な樹やのに、何でこっちの方が何倍も 高額なんだ!?っ…

葉物の話 モミジ・カエデの魅力

やっぱりわかりません。 モミジや、カエデの紅葉を楽しまずに 何を楽しもうってのか… 新緑も綺麗じゃないですか モミジ。 葉が陽に透けて青々と光が漏れる感じ いいですよねー。 もちろん紅葉は綺麗どす モミジってこれを楽しむもんじゃ ないですかねー? い…

【ラン・ランララ・ランランラ】ファンタジー盆栽【ラン・ランラララー】

盆栽って仕上げ方によっては とってもファンタジーな作品になるんです。 根っこの盛り上がりとか、苔とか… まるでジブリの世界 。 ミヤマキリシマ 絶対あの丸にトトロ住んでるやろ。 この苔の蒸 し方、ゾクゾクする ミヤマキリシマは九州の火山地帯が原産で…

根詰まりの話

らんま2/1を順調に見進めてますが なんとAmazonVideoにシーズン3まで 追加されており161話が最終回と確認し 戦々恐々としている係の者です。 実は、先日松竹梅の植替えにきて いただいた生徒さんが面白い物を 持ってきてくれてました。 根詰まりモンスターも…

【黒松ファン】 幹肌パリパリ【歓喜】

そうです、黒松ファンにはたまらない この響き。 焦がしニンニク醤油ばりの 破壊力と想像力を備え持つ魔法の言葉です。 この古そうな黒松 幹肌パリパリ 古いね〜が褒め言葉。 この荒々しい樹の皮が魅力のひとつ。 幹肌の割れ、が最高なんだとか。 小さめの松…

ボケの花

“花のくちづけ” というのど飴があり、 飴の小包装に誕生花が書いてるの知ってます? 家族や友達の誕生花はどれかな〜って 飴ちゃん探すじゃないですか。 そしたら、母親の誕生日2/2で 誕生花:ぼけ、花言葉:◯◯←忘れた ぼけ‥?? 当時、小学生くらいなので花の…

石付き盆栽の魅力

樹と石が一体になった“石付き”とよばれる 盆栽があります。 断崖絶壁や孤島を彷彿とさせる ロマンがそこにはあるのです。 断崖絶壁に立つ五葉松 崖感でてる! もちろん、これも自然界を模して 人が頑張って創作してます。 ざっくり言うと、お気に入りの石に…

【盆栽界最強⁈】イワヒバ

何やっても枯らしてしまう人に朗報です。 枯れることがない、と言っても過言ではない 強靭な生命力と、順応性をもった 最強の植物がいるのです。 その名もイワヒバ 霊長類でいうとこの吉田沙保里 みないなもんです 寒いと冬眠するので日陰でほっといても大丈…

盆栽界の名脇役

席飾りの際に地味に活躍するのが こいつらです。 ただ、盆栽 スペース 飾り方 とかで ググってもらうと、悲しいかな “添え”とか“草”とかまとめられちゃってます。 今日はそんな添え物たちをご紹介。 子供の手でも持てるくらいのサイズで 鉢に植わってるのが…

街路樹にみる盆栽

みなさん街路樹ってまじまじと 見たことありますか? 私は樹に触れる機会が多くなってからは 注目してるんですが、手入れのレベルが 結構高くてびっくり。 街路樹剪定士っていう資格もあるんだってー へぇー で、街でよく見る樹種が 盆栽にも色々取り入れら…

地板(ジイタ)の効果

盆栽を室内で飾る場合に 大活躍するのが、この地板です。 普通盆栽は卓という足のついた台に のせる事が多いらしいですが 室内だと、たいそう*1なので 地板を使って雰囲気を出していきましょう。 よく盆栽屋でみかけるのがこんなん。 左:ウォールナット 下:…

JKI 48って知ってる?

AKB48やったら誰と付き合いたい? みたいな会話を一度はしたことがあるでしょう そうです、盆栽界にも 樹形(JKI)48が存在するのです(嘘) ほんまは何種類あるか知りませんが(笑) 今日はいくつかご紹介。 直幹(チョッカン) 読んで字の如くまっすぐな樹 …

根上がりの話

先日の国風展で気づいた事が‥ 私、根上がりの事が好き。 そう、この根っこです! でんっ!! このネアガリが自然界では 風や波で土が削られ、根がむき出しになったり 倒木の上に新しい木の芽ができる→育つ→ 倒木朽ちる→根上がりのできあがり!だったり やは…

国風展の感想

昨日はバタバタの投稿でしたが、 国風展@東京に行ってきましたので 本日は現地の様子をお届けいたします。 国風展とは、日本最高峰のレベルと 格調の高い大品盆栽展として世界にも 広く知られています。 そもそも、この〇〇展って愛好家さん達の 作品をお披…

モブキャラなんて言わせねえ

前回ご紹介した席飾りに登場した水石を 掘り下げてみたいと思います。 ただの石と思っていましたが、結構奥が深いのです。 ちゃんと名前だってついてます。 ウィキペディアにも色々のってる古くからある日本の文化のようです。 水石 - Wikipedia 鑑賞石の最…

小品盆栽の飾り方

普段は自宅などで手軽に飾れる小品盆栽ですが、 「席飾り」なる限られた空間で盆栽と水石や掛け軸なんかも 組み合わせて景色や季節感を表現する技法があります。 こんなんや こんなイメージ。 自宅では玄関や床の間を活用するといい感じです。 盆栽は地べた…